加工 

長年培った加工技術でお客様のニーズにこたえる

印刷・成形されたモノは、最後に加工を行うことで製品として完成します。

東洋マークでは樹脂加工においても、高精度な技術を持つとともに、様々な加工技術を持っております。コスト・品質などお客様のご要望に合わせて最適な加工法を選定致します。また、当社独自の工法によって、複雑な形状加工も実現いたします。

お客様のニーズに合わせ、柔軟に対応可能な体制が整っております。

kakou.jpg

01.​型抜き加工

 成型された製品の外形をプレス加工によりカットします。型の作製は必要ですが、一度型を作ってしまえば何度でもカットできます。大量生産品向けの加工方法と言えます。お客様のご要望に応じて対応しまします。 

zyushi.jpg

03.​切削加工

厚めの樹脂や加工精度が必要な製品については、樹脂切削にて対応したします。

東洋マークの加工技術には以下のような特徴があります。
・ 加工精度:±0.05、仕上精度:鏡面加工を量産レベルで実現
・ 特殊形状:ツールのカスタム化により特殊形状の注文が可能
・ CAD・CAMによるスピーディーなデータ処理、複雑な形状加工も対応可能 
・ 安定した品質:同軸5軸による切削加工により均一な品質を確保

02.​三次元カット
様々な角度からのカット

通常の型抜き加工では、その性質上カットは上方向からに限られます。通常の型抜きでは、対応できない斜めの角度、横方向からのカットなど、繊細な加工も東洋マークの技術を用いれば実現可能です。加工の段階までお客様のご要望にあわせて柔軟に対応いたします。